忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY

眼科検査のはてな

「目の検査のこと、もっと知ってほしいな」 そんな思いからはじめた視能訓練士のブログ。2010年長男を出産してからは、育児日記もはじめました


HOME[PR]・・・その他の検査ゴールドマン視野検査
COMMENT-コメント-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
無題
同じようにのぞいてるのは大変ですね!
無題
マッピーさん
私は筒を覗いて患者さんの目がまっすぐ前を見ているか、確認しながら検査をするんです。患者さんはドームの中の黒い点をず~っと見ながら検査をします。視野検査は時間がかかって疲れる検査なので、結構患者さんに嫌がられる検査です・・・。
無題
うちの視野検査は静的視野しかできないのですが先日診断書提出の為ということでゴールドマン視野必要で違う病院を紹介したのですが違いはなんですか??
無題
マッピーさん
ハンフリーで測る静的視野検査と、ゴールドマンで測る動的視野検査の大きな違いは、測り方です。
・静的視野検査
機械が設定された位置に視標を出して、どの明るさの光まで感じることが出来るのか、を測ります。視標は動かないので「静的」視野検査です。主に、中心30度や10度を測るのに向いています。緑内障初期の患者さんや、中心部分に小さな暗点がある人によく使われます。
・動的視野検査
私たち(=人)が測ります。明るい光から暗い光のまでの視標を、外側から動かして測ります。視標が動くので「動的」視野検査です。視野全体を測るので、大きく視野が欠けている人などに向いています。あと、患者さんの状態を確認しながら、検査を進めることが出来るので、高齢の患者さんにも向いています。でも、動的視野検査は、正確な検査結果を測れるようになるには、ある程度の訓練が必要です。1年目の視能訓練士が測った検査結果と10年目の視能訓練士が測った結果では、かなりの違いが出てしまう検査です。
そんな訳で、開業医さんには静的視野検査だけ置いている、というケースが多いみたいですね(^_^.)
無題
わかりました!経験でそんなに差がでるなんて…。それで余計に時間がかかるのですね!
TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼