忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY

眼科検査のはてな

「目の検査のこと、もっと知ってほしいな」 そんな思いからはじめた視能訓練士のブログ。2010年長男を出産してからは、育児日記もはじめました


HOME[PR]・・・視力に関すること簡単な視力検査の方法レベル1
COMMENT-コメント-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
無題
ありがと~ございます

参考になります

Re:無題
こんにちは。
よかったです~♪頑張って下さいね~(^O^)
無題
ありがとうございます!
また、明日から考えながら仕事します(^0^)/
Re:無題
こんにちは♪よかったです(^_^)頑張って下さいね~☆
無題
今日、はてなさんのブログで勉強した視力測定方法で試みたんですが・・・

時間がかかり過ぎて撃沈

レフ値に+1.0くらいからしか再挑戦できませんでした

うちの眼科に直接、講師にきてください
Re:無題
こんにちは(^-^*)/
初めは、+1.0くらいからでも構いませんよ。徐々に早く測れるようになると思いますので、慣れてきたら、もう少しブラスより(+2.0くらい)で、してみて下さいね♪
お助けに行けたらいいんですが、そんな訳にもいかないので、影ながら、ブログから、応援してます~(笑)
無題
第2レベルは毎回されてますか?定期受診のPTの場合はどうされてますか?
なんせ1人にかけられる時間が無くて無くて(T_T)
朝の8時~夜の8時まで昼休み無しで、ひたすら外来を走りまわってます☆

Re:無題
ひろさん
こんにちは。忙しい外来では毎回自覚検査は難しいですよね(+_+)
私の病院は、定期検査の人は前回と視力が変わらないことを確認することが目的なので、球面調整しかしていませんょ。
乱視の検査は、私自身、乱視表大好き人間なので、乱視表でしてます。ニデックの、乱視表が大きくて、1~6までの数字しか書いてないタイプの視力表です。(乱視表が小さかったり、10度刻みだと、上手く乱視の検査が出来ないので・・・笑)
初診患者と、前回から6ヶ月以上来院していない予約外初診患者、視力が前回値と2段階以上違う患者、白内障手術後3ヶ月間、YAG後、、、などなど、視力検査が必要かな?と思う人に、乱視表を使って自覚検査をしています(^^ゞ
記事にした、ステップ2や1は、自覚検査が出来ない、視力初めての人へのお助けバージョンで、視能訓練士向けではないですね。
ひろさんの病院は、忙しいみたいですけど、身体にも気をつけて頑張ってくださいね。
質問です
幼児でランドルト環での検査が困難なとき、字ひとつ視標(たとえば絵など)で検査するときも5視標中、3~4つ正解するまでした方がいいですか?

ランドルト環の模型を持たせても、だんだん飽きてきてくることが多く、検査が中途半端になってしまうことが多いので

また教えてください~
Re:質問です
こんにちは。
子供の場合、集中力との戦いで難しいですよね。
要は、「集中して、確実に見えてお答えできたな」と思える答えなら、オッケーです。
正確には5/3だけど、子供には通用しないのが現実かな・・・?
ランドルトも上下方向と、左右方向、「確実に」答えれれば、視力にする時もあります(^_^)
絵指標で測った場合は、必ず「絵指標で」など、コメントをカルテに書くといいかな、と思います。
絵指標はランドルトを測るための集中力の練習、とりあえず、視力検査に興味をもたして、眼科の雰囲気に慣れるためのアイテムって感じに考えてくださいね。
頑張ってくださ~い
無題
2週間前から眼科クリニックに勤務しはじめたナースです。視力検査に四苦八苦の毎日です。レベル1大変役に立ちました。ありがとうございました。でも時間がかかりすぎると叱られちゃいました(泣き)。遠視の視力測定が苦手です。なにかコツはありますか?
Re:無題
おはようございます(^-^)
視力検査、難しいですよね。
私のブログを参考にしてくれて、うれしいです♪
始めは考えながらだから、時間かかるかもしれないけど、何回も何回も少し時間があるときに、練習してくださいね。要は、慣れです。慣れば時間も短く測れるようになると思いますょ(^_^)
遠視のコツかぁ~・・・。
おたんこなーすさんは、遠視の検査で、どんな時に困りますか?球面レンズの決定?
必ずレフ値よりも1.0~2.0くらい+のレンズから始めてくださいね。患者さんに「かなりぼやけるレンズを入れますよ~」って説明して。
それが遠視をキチンと測るコツです(^^ゞ
TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼